ホーム > 石けん作り > 作るきっかけ

石けん作り
石けんを作るきっかけ 作るきっかけ
ある日、書店で石けん作りの本を見かけました。 そのとき自宅にある手作りの洗濯用の石けんを思い出しました。 汚れはよく落ちるが、手袋をしないと手の皮がむけるほど強いものでした。 買った石けんです。
中を見ずにそういう物を作るのかと思い、そのまま通り過ぎてしまいました。

数日後、別の書店で手作りの自然化粧品の本を見ました。 肌が年中乾燥(特に冬は粉をふいて痒い)しているということもあって なんとなくその本が気になって買ってしまいました。
読んでみると化粧水、入浴剤などいっしょに石けんの作り方が載っていました。 その石けんは、自宅にある洗濯のとき使っているような廃油で作った石けんではなく、 良い油を使った肌にやさしい石けんに作り方のようでした。
最初は化粧水などに興味があったのですが、 とっても石けんを作ってみたくなりました。

が、何だか危険な劇物を使うらしいので不安になり 作る前に何冊か本を買って読んでみてました。
ついでに香り付けに使う精油についての本を購入してみました。

というわけで、石けんを作る前に準備したのは
  1. 石けんを作るための道具
  2. 石けんの材料
  3. 石けんの作り方の本2冊
  4. 化粧品などの作り方の本2冊
  5. アロマテラピーの本1冊
その後、石けんを作るための方法を詳しく解説してあるホームページが たくさんあり道具と材料があれば良かったということがわかりました...
本以上に詳しい方々がたくさんいらっしゃいました。 すごい!
むぎちゃん
”むぎ”はドワーフハムスター最小のロボロフスキーです。
ロボロフスキーは白い眉毛が特徴です。