ホーム > 手作りコスメ > 化粧水 2

手作りコスメ
No.6 美肌水
美肌水
No Photo
作成日:2008年7月8日
原料 精製水 カップ 1/2
  尿素 小さじ 1/2
  グリセリン 小さじ 1/4
自己評価 : ★★★
1.精製水に尿素、グリセリンを混ぜる

有名な美肌水です。 一般的なレシピは、量が多くて尿素を50g使う。 そんなに必要ないので、少しだけ作ってみました。 そして、ラベンダー精油を1滴加えました。

美肌水は保湿力が高い。 尿素には、タンパク質を分解する働きがあります。 角質の剥がれ、肌が柔らかくすべすべになります。 でも角質だけでなく、未熟化な層まで影響することも考えられます。 短い期間で効果を感じられる物ですが、長期間使うにはちょっと注意が必要な物です。

尿素を使った化粧水は、いつも足に使っていて顔用は初めて作りました。 使い始めると、高い保湿力を実感。 さらに数日で、顔色が明るくなったように感じられました。 尿素、すばらしい!!
で、ここで止めておけば良かったのに、やっぱりやってしまった。注意が必要だとわかっていたのに...
洗顔後、いつものように顔につけた。 ついでにデコルテ部分にもペタペタ。 うんうん、しっとりしていい感じ。 午後、公園に出かけた。7月上旬の天気良好、暑い日の昼間だった。 しばらくすると、痒い。デコルテ部分がどうも痒い。 その日は、首周りが広い服だった。紫外線の影響か?  顔は痒くない。顔よりデコルテ部分の皮膚が薄いのか、日焼け止めを塗っていない部分だからか... 見た目には変化はなかったが、翌日まで痒かった。もっと尿素を少なくした方がいいかもしれません。

教訓:尿素には注意。 尿素を使ったら、紫外線などの刺激にも注意しなければいけない! ...です。
危険が大きいので個人的には、尿素を顔に使うことはおすすめしません。
No.7 日本酒化粧水
日本酒化粧水
No Photo
作成日:2008年8月7日
原料 日本酒 100cc
  ハーブ、生薬、緑茶等 10g
  グリセリン 少量
1.日本酒にハーブ等をいれ、1週間ほど漬け込む
2.ハーブ等をこし、グリセリンを加える

肌にアルコールがあわない人は、精製水で2倍位に薄めたり、アルコールを飛ばす必要があります。 問題がない人ならばそのまま使えます。
日本酒には保湿力があるので、グリセリンが不要の人もいます。 足りない人は、ほんの少しだけ加えてください。
No.8 ビタミンCローション
ビタミンCローション
No Photo
作成日:?年?月?日
原料 ビタミンC誘導体
 (リン酸アスコビルナトリウム)
 1g
  精製水 15〜30g
  グリセリン 適量
自己評価 : ★★★
1.リン酸アスコビルナトリウムの粉末を精製水に溶かす
2.保湿剤(グリセリン等)を混ぜる

美白、小ジワやたるみ防止、肌の若返りの効果が期待されるビタミンC誘導体。 溶けにくいので、よく振って溶かします。 これが配合された化粧水を買おうとすると、とても高いので原料を買って作りました。 作ったといっても、水に溶かしただけですが...
魅力的なものですが、これをつけると刺激があり、肌が乾燥します。 保湿剤を加えるか、これをつけた後にしっかり保湿する必要があります。
肝心の効果ですが、効いているようないないような...白くなったような気もするかな?  1gずつパックになっているものを持っていて、時々精製水でとかして使っているのですが... やっぱり、ずっと続けなければならないかな...。あまり使用感がよくないので、すぐ止めてしまって。
怪しげな安いイオン導入器(1000円弱)を買ってイオン導入というものをやってみたこともあります。 化粧水の場合よりも濃いめに作ってするのですが、濃いせいか肌にきつくて、これは止めました。

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性があります。 油溶性のほうが肌への刺激が少ないというので、今度は油溶性を買ってオイルに入れて使ってみようかな?  水溶性と油溶性の両方の性質をもったビタミンC誘導体(パルミチン酸リン酸アスコビル)というのもあって、乾燥肌でも使えるし、浸透力が高いらしい。 お値段も高いのですが、思い切ってこの新型を買ってみるか?!

<< 追記 >>
油溶性のを買って使いました。
刺激が少ないというのは嘘でした(私には、です)
合わなかったようで痒くなりました(-_-;)
No.9 ローズウォーター化粧水
ローズウォーター化粧水
作成日:2019年5月14日
原料 ローズウォーター 10ml
  精製水 40ml
  グリセリン 小さじ1/4(1.25ml)
自己評価 : ★★★★
1.ローズウォーター、精製水、グリセリンを混ぜる

ローズウォーター(バラ水)はバラの精油を製造する際の副産物です。
抗酸化作用と抗菌作用があります。 保湿効果もあります。 お肌や髪にいい作用があります。 香りにも作用があって、女性ホルモンの分泌、細胞の活性化を促進も期待できるとか。
特に衰えを感じるお年頃の人にはおススメ。 つまり私向き(笑)

以前はバラの精油を買ってたんですが、とにかくバラは高い。
化粧水を作ると精油が分離して、容器が汚れるし洗いにくい。 効果は精油のほうが上だと思われますが、高くて面倒。私向きではありません(^_^;)
フローラルウォーター(芳香蒸留水)はお手頃で簡単、保湿剤(グリセリン等)を混ぜるだけ。
道具
以前はガラスの容器などローション専用の容器を買ってましたが、それも面倒になって、今じゃこういう色気も可愛げもない容器です。でも実用的ですよ(笑)
目盛り付き投薬用ボトルです。 目盛りがついているので、ローションを作るのにピッタリ。 蓋にも目盛りがついてます。
道具はこのボトルと計量スプーン(小さじ1/4)のみ。
ローズウォーター化粧水製作中
蓋でローズウォーター10mlを計り、計量スプーンでグリセリンを計りボトルに入れて、精製水を50mlの目盛りのところまで入れるだけ。

薄めずそのままローズウォーターを化粧水として使う方法もあります。 もちろん薄めたレシピのほうがお安いです(^_^;)