ホーム > 肥料 > EM生ゴミ堆肥化の失敗

EM生ゴミ堆肥化の失敗
初めてEMボカシと専用バケツを使って、生ゴミ堆肥化にチャレンジしたとき、失敗しました。 1次発酵後、バケツをあけると臭い、腐っている......暑い時期だったし、ふりかけるEMボカシの量が少なかったのだと思います。 庭があるわけではないので、処理に困りゴミの日に出しました。

教訓、ケチるな!
今度は、以前よりも多くEMボカシをふりかけました。 1次発酵後、バケツをあけると白カビ、そして甘酸っぱいようなにおいがしました。 どうやら、1次発酵は成功。 2次発酵は、プラスチックの道具箱(60Lくらいの箱)に土と混ぜていれた。 そして、蓋をしめた。 しばらくすると大量の虫が発生......ゴミの水分が多かったのだろうか。 蓋を閉めてはいけなかったのだろうか。 ゴミも分解されていない。土が少なかったのだろうか。 またもゴミの日に出しました。

教訓、水分減らせ! 蓋は閉めるな?
いやになって数ヶ月止めていたが、またも挑戦。 特に根拠はないが、今度はなぜか大丈夫?!
無事に1次発酵終了。 またも同じ箱に土とよく混ぜて、さらにその上に蓋をするように土をのせた。 箱の蓋はしなかった。 1週間後、そっと上の土をよけて見ると、ゴミは減ってはいたがまだまだ残っている。 虫も多少飛んでいた。土が少ないのか? 2週間後、まだゴミが残って......広告のように1,2週間でゴミがなくなるっていうのは嘘か??

やっぱり土が足りないのかな? 実家に帰ったときに、畑の土を持ってきました。20Lくらいかな。 2次発酵している箱の中にいれた。 その後ゴミは分解された。

ここを読んで 2次発酵失敗の原因がわかった。 市販の培養土では堆肥化は難しいとのこと。 泥団子ができるような土が必要だという。 うちのベランダで使っていたのは、すべて培養土。 泥団子はできません。 培養土だったからゴミが分解されにくかったのだ。 だから畑から持ってきた土を入れると分解されたのだ。 詳しくないのであまりわからないけれど、 市販の物を買ってくるとしたら、黒土というものになるのかな?

教訓、必要なのは泥団子ができる土!
2008年4月
「EM生ゴミ堆肥は臭くない」といいますが、それは人それぞれで、臭いと感じる人もいます。
そのにおいは「ぬか漬けのにおい」のようだといわれます。
ぬか漬けにあまり縁のない私は、初めてこのにおいに出会ったとき「サイレージ」のにおいだと思いました。 サイレージとは牛の餌で、とうもろこしを密閉して発酵させた物です。 牛用の発酵食品であり、保存食です。
漫画「動物のお医者さん」では、このにおいを「オレンジの香り」と表現してます。 う〜ん、たしかに甘酸っぱい香りともいえる。ただしフレッシュなオレンジではなく、完熟を過ぎそうなオレンジのような...。
どちらも植物を発酵させたにおいなので、似ているのも当然かとも思います。

これは、聞いた話です。
『近くの牛小屋から臭いにおいがする。しかも食事の時間に嫌がらせのように糞尿の処理をする!!』と... 糞尿の処理をしているわけではありません。 人間の食事の時間は、牛の食事の時間。 牛に餌(おそらくサイレージ)を与えていただけです。 サイレージを知らないからか、牛は臭いとの思いが強いからか...。

作っている本人はそうは思わないが、知らない人にはEM生ゴミ堆肥は大変臭いということもあるかもしれません。 ご注意を!
2008年4月