ホーム > 肥料 > EMで生ゴミを堆肥化?

EMって何?
EM菌と呼ばれる物があります。EM菌という名の菌が存在するわけではありません。 EMとはEffective(有用な)Microorganisms(微生物群)の略であり、 良い働きをしてくれる菌の総称らしいのです。
とすれば、乳酸菌とか納豆菌などもEM菌の一つかもしれません。
2008年4月
EMで生ゴミを堆肥化
EM菌を使って、生ゴミを堆肥にしようというものがあります。 EMを使うと悪臭が抑えられ、生ゴミが短期間で堆肥化できるという。 準備する物は
  • EMぼかし
  • 密閉バケツ(できれば2つ)
  • 生ゴミ
EMぼかしとは、EM菌を使って米ぬか(有機物)等を発酵したもの。 ホームセンターのガーデニングコーナーなどに売ってあります。 うちの近所のホームセンターに売ってあったのは、アイリスオーヤマの「EM生ゴミ発酵促進剤」というもので 500円位でした。 ともう一つ「EMボカシ」という名称で、米ぬかそのものに見える物が300円位で売ってありました。
次に密閉バケツ。EM菌は嫌気性。つまり空気が嫌い。 だから密閉容器に入れて発酵させなければならない。 蓋がしっかりできるものであれば何でもいいけれど、EM堆肥化の専用のバケツが売られています。 専用バケツには、バケツの下方にコックがついていて、たまった水分を抜くことができるので便利です。 水分がたまりすぎると腐って悪臭を出すことになります。 専用バケツではない物でする場合は、生ゴミの水分をよく切らないと失敗しやすくなります。 ちなみにここで抜き取った水分は、液肥と呼ばれるもので水で1000倍位に薄めて植物にかけると植物が元気になります。 でもそのままかけると強すぎる枯れてしまいますので注意。
あと準備する物は、生ゴミ。しかも新鮮な生ゴミ。 野菜くず、卵の殻、魚のあらなど。 でも、腐りやすい魚のあらなどを入れるときは、EMぼかしを多めにかけないと、腐って悪臭が...ということになってしまいます。 残飯などもいいそうですが、水分には注意。 発酵するには水分も必要ですが、水分が多すぎるとEM発酵する前に生ゴミが腐ってしまいます。 そして、生ゴミは細かくした方が発酵しやすいので、失敗が少なくなります。
2008年4月
生ゴミ堆肥化のポイント
  • 生ゴミは水分をしっかりきり、早めに処理する
  • EMボカシをまんべんなくふりかける
  • しっかり蓋をし、空気を遮断する
手順
  1. 専用バケツに目皿(ゲス板)おく
  2. 新聞紙を敷き、EMボカシをまく
  3. よく水を切った生ゴミを入れる
  4. EMボカシをふりかけ、しっかり蓋を閉める
  5. 『ゴミを入れる、EMボカシをかける』をくり返す
  6. バケツがいっぱいになったら、蓋を閉め1〜2週間寝かせる(1次発酵)
  7. 土とまぜて堆肥化(2次発酵)
バケツに目皿(ゲス板)を置いたり、新聞紙を敷くのはゴミやボカシが下に落ちるのを防ぐため。 そして、液肥をろ過するためです。

生ゴミには、まんべんなくEMボカシをかけます。割り箸やしゃもじなどの混ぜるともっと確実。

生ゴミを投入していくと、液肥がたまってきます。これがたくさんたまると腐敗しやすくなります。 まめに取り除いた方が良いようです。この液肥は、薄めて植物にかけたり、排水口に流したりします。 植物には肥料になり、排水口には悪臭防止になるそうです。

バケツがいっぱいになったら、しっかり蓋を閉めて直射日光が当たらない場所に置き、1〜2週間寝かせます。 ヌカ漬のような発酵臭がしたら成功。白いカビのようなものが発生した場合も成功です。 気温の高い時期は発酵が進むのが早いので、短期間(1週間位)でできあがります。 冬は寒いので時間がかかります。

1次発酵が終わった段階では、生ゴミの形がそのまま残っています。 すぐには使えません。液肥同様に植物が枯れてしまいます。 ちゃんと2次発酵(2週間くらい)が終わったら使えます。 2次発酵は、生ゴミと土をよく混ぜて、さらにその上に土をかぶせます。 土が少ないと虫がよってきます。上に土をかけるのも虫がよってこないようにするための蓋です。

発酵がすんだら完了。ゴミの形もなくなります。これで植物を植えることができます。
2008年4月