ホーム > 2010年の菜園 > 永田農法

永田農法
今年、春に引っ越しました。
引っ越しの際に、ベランダにあるプランター、鉢の土の重さに困りました。 重い土を大量に持っていくわけにはいかず、大半は処分しましたが、重かった...。
もっといいものないかなぁと思っていたら、永田農法というものを知りました。
使うのは、日向土(ボラ土)という南九州産の軽石と液肥、あとは不織布。 日向土は、軽くて、水はけがよい、ベランダが土で汚れない。 再生は、水につけて、その後、日に当てて乾かすと使えるようになるらしい。 軽いし、ベランダが汚れないし、再生も楽っていい!

買ってきました。 ホームセンターで18L入りのボラ土135円。 セールの時は、98円でした。 産地に近いので安いのかもしれません。
     

あとは、不織布を2mと液肥も買った。 いろんな液肥が並んでいて、迷った。 永田農法のおすすめは、住友液肥。 でも、他のでもいいよと書かれているサイトも多いので迷ったけれど、とりあえず最初なのでおすすめの住友液肥(葉もの用)を買いました。

2010年6月
プランターに不織布をおき、その上にボラ土を入れ、種を蒔きました。


ボラ土は汚れないと思っていたけれど、触ったり、水をかけたりすると赤土のようなものがでてきました。 まあ、他の土に比べればたいした汚れではない。
今年はこれでいこうと思っています。
2010年6月