ホーム > 2008年の菜園 > チマサンチ

チマサンチ
キク科アキノノゲシ属。
サンチュ
レタスは和名チシャ。サンチュはカキチシャ。 生長するに従い、下葉をかき(収穫)ながら食べたのでカキチシャ。 チシャの仲間の中では耐暑耐病性ともに強い。
発芽温度 15〜20℃
株間 プランター15cm、畑30cm前後
2008年4月1日
チマサンチ_4月
3月下旬にチマサンチの種をまきました。 リーフレタスで、焼肉のとき食べるサンチュだそうです。 レタスは虫が付かない、特にリーフレタスは育てやすい。 種を買いに行ったときリーフレタスは、これとサニーレタスの2種類。 どちらにしようかと迷ったけれど、サンチュを選んだ。 それともサニーレタスの方が育てやすかったのかな? そのうちサニーレタスも育ててみようと思う。
2008年4月2日
牛乳パックでチマサンチ_4月
芽が出た後、大きく育てるには間引きをしなければなりません。 でも捨てるのはもったいないなぁ......。 ちょうど牛乳パックがあった。 これはちょっと小さいかもと思ったけれど、食べられる位にはなるかもしれない。 牛乳パックの上の三角の部分を切り取り、側面の下の方に穴を複数あけて、 培養土を入れて、チマサンチを1本植えた(写真の左)。右のは京水菜。
大きくなるのだろうか?
2008年4月
2008年5月1日
チマサンチ_5月 牛乳パックでチマサンチ_5月
レタスには虫がつかない、と育て始めたものの青虫発見! レタスを食べるなんて、よほど食べるものがないのか、サンチュがおいしいのか?  一度収穫してサラダにして食べました。やっぱりレタスの苦みがある。 虫が好むような野菜じゃないと思うんだけど...
2008年5月
2008年○月○日
夏。虫に食べられ、夏の暑さに負けて枯れてしまいました。 やっぱり牛乳パックでは無理なようで、暑さに負けてしまいました。 今度はちゃんとプランターに植えます... レタスなのになぜこんなにも虫に食べられたのだろうか...まわりに餌がないのか?
2008年8月