ホーム > 2008年の菜園 > 京水菜

京水菜
アブラナ科の越年草。
水菜
初心者でも作りやすい野菜です。 大量の水を必要とするために、栽培には水持のよい肥えた土が栽培に向いています。プランター栽培可。
発芽温度 20℃前後
株間 5cm〜
2008年4月1日
京水菜_4月
3月下旬に京水菜の種をまきました。 容器は、味噌の木樽です。
2008年4月2日
牛乳パックで京水菜_4月
芽が出た後、大きく育てるには間引きをしなければなりません。 でも捨てるのはもったいないなぁ......。 ちょうど牛乳パックがあった。 これはちょっと小さいかもと思ったけれど、食べられる位にはなるかもしれない。 牛乳パックの上の三角の部分を切り取り、側面の下の方に穴を複数あけて、 培養土を入れて、水菜を1本植えた(写真の右)。左のはサンチュ。
大きくなるのだろうか?
2008年4月
2008年5月1日
京水菜_5月 牛乳パックで京水菜_5月
大きくなってきました。 一度収穫して、サラダにしました。
青虫発見!! 人も食べたが、それ以上に虫も食べている... 筋だけになっているものも。 でも、牛乳パックに1本ずつ植えたのは正解かもしれない。 虫が食べても他の株に移動できないので、被害は最小限で済む。
2008年5月
2008年○月○日
夏。虫に食べられ、夏の暑さに負けて枯れてしまいました。 やっぱり牛乳パックでは暑さに負けてしまうようです。 今度はちゃんとプランターに植えます...
2008年8月
2008年12月2日
京水菜_12月
秋にもう一度種を蒔きました。 涼しくなっていたので、今度は虫は少ない。 おかげでしっかり生長しました。 水菜を収穫して食べました。 冬なので、鍋で。 収穫した後は、肥料を少し入れました。 夏と違って、水菜が元気です。 次々葉がでてきて、すぐに混み合ってしまう。
2008年12月